2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ
固定ページ
メールはこちらからどうぞ♪
365カレンダー 日本犬♪

12月, 2017

思いがけない病気でミロが入院。

 

ご無沙汰してます、タイトルでご心配おかけしてすみません、退院しています。

ミロは先週の月曜日に検査で急性膵炎が発覚して、そのまま入院。
点滴治療がうまくいき、ミロもとても頑張ってくれたので7日目の昨日、
無事退院できました。

気の休まらない日々から解放され、やっとブログに書く気になりましたので
ご報告と忘備録のため更新します。

 

今日のミロ。リラックスしています。点滴の針のあとを舐めてしまうので
ソフトエリカラつけました。

昨日、今日はやっと家に帰れて安心したのかよく眠っています。でもゴハンの時間になるとムクっと起きて、お座りしてゴハンを待つ姿がカワイイです。

 

私の判断ミスで病院に行くのが遅れ、ミロに辛い思いをさせてしまいました。二度とこんなことがないように・・・長くなりますが経緯を書きます。

 

ミロは10月は2回、11月は週一くらいのペースで黄色い液体を吐いたり、ウンチが変だったり、朝ごはんをあまり食べたくなさそうな様子がありました。その症状が出ても一時間以内にはケロっとして元気が戻ります。

それは胃腸の弱いミロによくあることで、毎年、特に季節の変わり目は
ありました。だから私は胃腸の症状だと思い込んでたのです。

皮膚の治療で一か月に一度は通院していたので、11月15日の通院時に
先生に胃腸の不調を話すと、症状が出そうなときに飲む胃薬とデルクリアというよく飲んでいる下痢止の薬を処方され、また2週間後に様子を知らせることになりました。

 

ところがその二日後の17日に始まり、19日、20日、22日、24日と
ほぼ一日おきに「軽い吐き気、食欲不振→1時間くらいで治る」という症状が出ました。

これは私の判断ミスですが、胃薬を与えると元気も出て食欲も復活したので、胃が悪いのかも、今度検査してもらおうという考えしかありませんでした。

 

そして26日の日曜日。
朝からミロは元気も食欲もあったので公園でも行こうかと思っていたところ、朝食後30分くらいすると急に元気がなくなりました。見るからにだるそう。

日曜で混んでいる病院へ駆けつけると、血液検査、レントゲン検査、超音波検査、膵炎検査を薦められたので、やってもらうことにしました。

ただ、空腹でないと検査できないそうなので夕飯を絶食、翌日の27日月曜に検査をすることになりました。

 

検査の結果・・・スナップCPLという膵炎検査の結果がプラスで膵炎が発覚!それと経過観察ですが、胆泥と僧帽弁閉鎖不全症という心臓の病気も見つかりました。

まさかの膵炎! 胃腸炎だと思っていたので全くそれまで思いつきませんでした。
膵炎は命に係わる重篤な病というイメージでしたが、ミロは少し元気がないだけに見えたので投薬で済むかと思っていましたが

先生から膵炎は内科治療で、点滴で症状を落ち着かせ、少しずつ食事を開始、食欲が戻り吐かなくなり、ウンチ、おしっこが正常に出るまでの治療で
約1週間の入院です、と言われてひどくショックを受けました。

治療の途中で急変することもあり、特に重症化して血栓ができやすくなるDIC(血管内凝固症候群)という段階になると、命を落とすこともあるということも頭に入れておいてくださいと言われました。

ほんの1時間くらい前までは元気だったのにそんな覚悟をしなくてはいけないとは、本当に一寸先は闇です。

 

膵炎の原因は高カロリーの食事や肥満、ストレスなどいろいろありますが、
実はよくわからないそうです。

そして面会について説明がありましたが、ミロちゃんは寂しがりなので
お母さんに会ったら、家に帰りたくなるし本人は何で病院にいるのかも
わからないので実際会うのは禁止。
来ていただければ少し前に撮った動画を見せてくれるということで納得しました。

呆然としながら病院から帰宅すると、ミロがいないリビングがすごく寂しく
2階のグンちゃんのところに行くとなんだかキョロキョロとしていて、
ミロのことを探しているのかなと思いました。

 

 

火曜日、木曜日、土曜と病院に行き動画でミロの様子を見せてもらいました。
火曜、木曜は元気に吠えてる姿や歩き回る姿を見て、早く退院できるのでは
ないかと思いましたが、

担当の先生から急変すると命を落とす怖い病気なので一週間より前に
お返しできない、何かあったらすぐ電話しますからと言われ(><)

ミロは頑張ってひとり耐えてるのに、まさかの事態を想定して、ビクビクしながら電話を気にしてばかりいた6日間でした。

土曜日に行ったとき、6日目だったのでまだかなと思いましたが、
ほかの先生が対応してくれて、明日退院できますと言われたときは
本当にホッとしました。

 

そして昨日、日曜の朝。診察室でミロに6日ぶりに会えました!
興奮しながら私に飛びつき、顔をペロペロ舐めてくれました。
先生の説明の間も私にギュッとしがみついてました。

 

昨日、おうちに帰ってからの一枚。

ミロとの暮らしの9年間、去勢手術や歯の手術で日帰り入院はありましたが
6日間という長い間、入院したのは初めてです。
いつまで経っても迎えにきてくれないと絶望したことでしょう。
寂しがりで甘えん坊のミロ、大嫌いな病院でよく頑張って耐えてくれました。

 

まだ疲れが取れないので寝てばかりですが、今のところ戻しもなく
落ち着いています。次の診察は一週間後ですが、少しでも異変があったら
すぐに連れて行こうと思います。

ワンコは痛くても痛いと言えず、我慢してしまいがちなので思わぬ病気が
隠れてもわかりづらいことは知識としてありましたが、まさかミロが・・・
つい半年前の血液検査では何の異常もなく、油断していた。
私の注意不足、判断ミスです(><)

膵炎は再発しやすいので、食生活も今までと変えて・・・おやつも
当分あげられません。おやつの代わりにフードかな。
もうミロが辛い思いをしないようにしっかり見ていきます。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

よろしければポチっと応援お願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ 白柴犬へ

管理人:もっちー 埼玉県在住 2008年8月11日生まれの白柴♂、ミロとの暮らしを綴ります。